家庭教師・1対1指導の学習空間プラス、山梨エリアの河手です!
年度が切り替わり4月も後半、毎年感じるのですが、とくかく時間の経過が早いです。
時間の経過のことで言えば、毎年、受験生と呼ばれる中学3年生の生徒に言っている言葉があります。「今年一年は今までの人生の中で間違えなく一番、速く過ぎるぞ。俺も中学3年から自分の中で時間の経過の感覚がはっきりと変わったことを覚えている。」
毎年毎年、同じ言葉を昔の自分を思い出しながら心からの実感として言っている自分がいます。考えてみると勉強だけでなく何かで成果を出す為には時間に対してどれだけ敏感になれるかにかかっているのだと思います。家庭教師の指導を例にとってみても生徒に会うのは週に多くても2回。多くの生徒は1回です。その限られた時間の中で自分の持てる力を出し尽くすこと。生徒と正面から向き合っていくことでしか成果は期待できないと心から思います。私は個人的に家庭教師の役割は生徒に前向きな余韻を残すことだと考えています。繰り返しになりますが直接かかわれる時間には限りがあります。だからこそ1回1回の指導に最善を尽くし、生徒に今日の1回も良く分かった、宿題をきっちりやって早く次の指導を受けたいと思わせる前向きな余韻を残すことが指導者には求められていると思います。
『余韻』をキーワードに今年度も自分の出来る最善を尽くして精進していきたいと思います。