2012年 4月 の投稿一覧

1ヵ月☆

家庭教師・1対1指導の学習空間プラス、山梨エリアの清水です!

新学期が始まって1カ月が経とうとしています。
新中1&新高1の子たちは学校に慣れたかな?
今まで最高学年だったのに、いきなり後輩になり戸惑っているのかな?

僕の家庭教師先の子たちは新しい環境に慣れようと頑張っています☆
新しい友達・新しい通学路・新しい環境とても大変なことです!
一つ一つがとても疲れることです・・・ただ慣れれば、行動範囲が広がった分だけ楽しくなるよ↑↑
今は我慢だね!!そして充実した学校生活を送ろうね♪また困ったら相談してね(*^_^*)

そして、もうすぐゴールデンウィークだね☆
みんな予定とかあるのかな?
出かけるもよし!家でまったり過ごすのもいいよね♪
疲れが溜まってきているだろうから、疲れを癒してね(^_-)-☆

<山梨県・静岡県・埼玉県・神奈川県の家庭教師と1対1指導

余韻

家庭教師・1対1指導の学習空間プラス、山梨エリアの河手です!
年度が切り替わり4月も後半、毎年感じるのですが、とくかく時間の経過が早いです。
時間の経過のことで言えば、毎年、受験生と呼ばれる中学3年生の生徒に言っている言葉があります。「今年一年は今までの人生の中で間違えなく一番、速く過ぎるぞ。俺も中学3年から自分の中で時間の経過の感覚がはっきりと変わったことを覚えている。」
毎年毎年、同じ言葉を昔の自分を思い出しながら心からの実感として言っている自分がいます。考えてみると勉強だけでなく何かで成果を出す為には時間に対してどれだけ敏感になれるかにかかっているのだと思います。家庭教師の指導を例にとってみても生徒に会うのは週に多くても2回。多くの生徒は1回です。その限られた時間の中で自分の持てる力を出し尽くすこと。生徒と正面から向き合っていくことでしか成果は期待できないと心から思います。私は個人的に家庭教師の役割は生徒に前向きな余韻を残すことだと考えています。繰り返しになりますが直接かかわれる時間には限りがあります。だからこそ1回1回の指導に最善を尽くし、生徒に今日の1回も良く分かった、宿題をきっちりやって早く次の指導を受けたいと思わせる前向きな余韻を残すことが指導者には求められていると思います。
『余韻』をキーワードに今年度も自分の出来る最善を尽くして精進していきたいと思います。

春植えざれば秋実らず

家庭教師・1対1指導の学習空間プラス、山梨エリアの藤島です☆

『春植えざれば秋実らず』これは春に種まきをしていなければ、秋に収穫をするものがない、ということで、
「原因がないところには結果はない」ということです。

勉強はそのほとんどが自分との勝負!具体的には、いかに高いモチベーションを維持できるかどうかだと思います。

目標を立てるということは高いモチベーションを維持するために大きな力となってくれます。

ですからしっかりと目標を立てて勉強に取り組みましょう!

自分の進むべき方向性をしっかりと決め、後はそれに向かって一日一日頑張って行くだけです。

新年度の幕開け・・・今年も一緒に苦難を乗り越え頑張って行きましょうね!(^^)!

山梨県・静岡県・埼玉県・神奈川県の家庭教師と1対1指導