一呼吸

家庭教師・1対1指導の学習空間プラス、山梨エリアの河手です!

12月に入りました。後4週間後は大晦日、今年最後の日となります。

毎年、毎年、1年が加速しています。

時間は無形の資産であり、お金で買えず、誰に対しても1日は24時間という点で平等です。

それを思う時、無駄には出来ないということを今、このブログを書いているこの瞬間も感じるところです。

今日は日曜日でしたが、4件指導がありました。
そのうちの2件のことに絞って書きたいと思います。

午前中、指導した中学2年生K君とは冬期講習の科目についても時間を取りました。
苦手な英単語の強化と数学は図形中心にということを確認しました。
冬期講習は8日間ですが、私はK君と講習を受ける目的として「冬休みが終わって、3学期のスタートを少しでも気分の良いものに出来るように意識を持って過ごそう」と確認しました。
少し先の未来を創り出す為に、どう時間を使うべきか。
それを確認したわけですが、きっと次にK君と会う時も同じことを伝えている自分がいると思います。

K君の指導が終わった後、教室で明日から定期テストの高校2年生のMさんと文字通り3時間駆け抜けました。
自分で言うのもなんですが、あっという間でした。
明日がテストということもありますが、Mさんから3時間やりたいという要望があってもことだったので、いつも以上に気持ちが入っていたように思います。
数学に絞って範囲の総復習を一気にやり抜きました。
全く疲れませんでした。
それはMさんの学習姿勢がこちらの力を引き出してくれているからです。
実際にMさん自身も指導が終わった際、良い表情をしていました。
この部分だけだと会心の出来という感じがしますが、私の中では普段からの仕上がりをもう少し早く指導しなければと反省の部分も確認した指導でした。それにしても繰り返しになりますが、驚く程、3時間が速かったです。

今、こうして今日1日の最後の仕事としてブログを書いています。
向き合っているパソコンの画面の右下に短い詩が張られています。

タイトルは『今』。
作者は仏教詩人の坂村真民さんです。

大切なのは
かってでもなく
これからでもない
一呼吸
一呼吸の
今である

言葉にするとわずか6行の短い詩ですが、だからこそ私にはストレートに入ってきて重みのある感じがします。
今この時は、教室に自分しかいないので、ある意味で気持ちが落ち着いていて、一呼吸一呼吸が意識すれば感じ取れます。

勿論、今日1日の指導の際は、一呼吸一呼吸など意識することはありませんでした。
それは既に過去になるわけですが、その時も真剣な指導であったかどうかは常に自分に問いたいと思います。
真摯な反省があるためにも『今』の詩は常に目に入るようにしておきたいです。
明日からもまた、気持ちを新たに頑張りたいと思います。
ではまた。

学プラ:家庭教師、1対1指導をお探しなら学習空間プラス

山梨 :山梨の塾なら個別指導の学習空間

SNSでもご購読できます。

まずは1回の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

*