負けから共に学ぶこと

家庭教師・1対1指導の学習空間プラス、山梨エリアの河手です!

学校は夏休みに入りました。
明日で7月も終わり8月に入りますが、きっと8月も一気に過ぎていくと既に考えてしまう自分がいます。
よく受験は「夏が勝負」と言われますが、本番まで時間がある程度あり、学校が休みで勉強時間が自分の心掛け次第で確保できる点から考えた時、確かに夏が大事であることを指導する側としても再確認します。そして、その事実は生徒達に伝えていきたいと思います。

連日、夏の全国高校野球大会の都道府県代表校が決定しています。
山梨県代表も、つい先日、2年連続で山梨学院大附属高校に決定したのは記憶に新しいところです。
決勝戦に限らず、そこには常に勝者と敗者が存在し、負けたら終わりという厳しさがあります。
映像を通してではありますが、勝っても泣き、負けても泣くその真剣さは、感じるものがあります。
勝負に対して、勝っても負けても涙を流すくらいの真剣さが見る者を魅了しているに違いありません。
その意味で、球児達の姿勢から改めて指導することの意味を考える機会を与えられていると思います。

カテキョで指導している中学3年生のM君も野球をやっています。
主将として地区大会を勝ち抜き、この夏は県大会優勝と関東大会そして全国大会への出場を目標にしてきました。
指導の合間にM君から主将としての大変さや充実感を聞く度に、その真剣さを感じ、是非、目標を達成して欲しいと応援してきました。
M君の話から私が感心したのは、いつも監督とチームメートに対する感謝を口にしていたことです。
残念ながら、つい先日、県大会で敗れ、その目標を叶えることは出来ませんでした。
次回指導に行く時は、勿論その話も出ると思います。
正直、どう声をかけるべきかまだ迷っていますが、彼なら今後のエネルギーに変えてくれるという確信もあります。
だから、必要以上に気を遣うことなく試合のことや今後の希望を聞いてみたいと思っています。

あっという間に過ぎていくであろうこの夏も1日1日にトーナメントだと思って指導していきたいです。
この夏も頑張ります。
ではまた。

家庭教師、1対1指導をお探しなら学習空間プラス

山梨の塾なら個別指導の学習空間

SNSでもご購読できます。

まずは1回の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

*