逆算の夏・手帳の夏

家庭教師・1対1指導の学習空間プラス、山梨エリアの河手です!

8月に入り、いよいよ夏本番を迎えました。

夏休みも長いようで残り1カ月を切っていると思うと改めて時間を大切に目標を持って1日1日と向き合うことの意味を考えます。

この夏から指導を始めた生徒にも時間に対する意識を持ってもらいたくて手帳を使った指導を始めました。ちなみに私は毎年、同じ型の手帳を使用しています。
今、自分で使っている手帳が気に入っている点が2つあります。
1つは1日が縦書きで1時間毎の時間軸になっていること。自分の空いている時間が一目で分かりますし、家庭教師の時間を決める際もとても便利です。
2つめは見開きで1週間が見渡せる構成になっていること。1週間トータルで何をすべきかが把握しやすいです。

手帳を使った指導を取り入れようと思ったのは夏休みに入る直前の7月中頃だったのですが、実はひとつ難点がありました。当然のことなのですが、そもそも7月の時期に今年度の手帳は店頭に並んでいないのです。いろいろな書店を回ったのですがやはりない。取り寄せるにも時間がかかる。夏休みに入る前から手帳を使わせたいと考えていたので何としてもすぐに手帳を入手したいと考えました。
指導している西教室の近くにある文房具店に行くと在庫が数冊余っていました。その中から上記の条件に合う手帳を5冊見つけることができました。何より嬉しかったことは店の店長さんが、「在庫だから総て差し上げます。」と言ってくれたことでした。御好意に感謝して1冊分の代金だけ支払いをさせて頂きました。
そんな流れで得た手帳だったこともあって生徒に手帳の使い方を指導することにも一層、気持ちが入ります。
自分の使える時間を把握させるために予定は事前に書き込ませる。夏休みの宿題を完成させる期限を書かせる。期限まで後、何日あるのかを自覚させる。家庭教師の指導で会う度に特に設定した期限まで後、どのくらいかということを意識させる指導をここまでやってきています。
私自身も逆算の意識を持って手帳と共にこの夏を進んでいきたいと思います。
ではまた。

家庭教師、1対1指導をお探しなら学習空間プラス

SNSでもご購読できます。

まずは1回の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

*