切り替えのとき

家庭教師・1対1指導の学習空間プラス、山梨エリアの座間です!

大学入試も終わりに近づいてきました。
そして余韻に浸る間もなく、新高3生の受験体制本格始動へ。
受験勉強は高1から始まっている!!という事実は否定しませんが、
当事者である生徒たちからすれば「とうとう高3か…」と
この時期に受験に対して本腰入れるのではないでしょうか。

「日常の授業への真剣な取り組みがそのまま受験突破力へとつながる」
生徒たちに伝えたいこと。
でも、なかなかその強い意志は持続できないですよね。
自分も高校生活を振り返ると、ただ目の前の課題処理、定期試験対策のみに追われていたように思います。
ただ、【数学】と【英語】についてはかなり真面目にやっていました。
記憶のねつ造があったらごめんなさい(笑)
この2教科、遅れを取り戻すために必要な労力が他教科に比べ2倍も3倍も多くなります。
特に理系数学に関しては3年間で終わりきる量じゃないでしょ!と突っ込み入れたくなるときあります。
しっかりできている子もいるんだけどね。

今、目の前の勉強がそのまま受験勉強なんだ。
そんな気持ちを常日頃から持っている生徒はやっぱり強い。
理系なら英数理、文系なら英国社。
今日から毎日本気で取り組んでみよう。
気持ちの持ちようでコロコロ変わっちゃうもんなんだよ、結果なんてものは。

山梨・静岡・埼玉・神奈川・滋賀の家庭教師

SNSでもご購読できます。

まずは1回の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA


*