センター試験まで残り19日

家庭教師・1対1指導の学習空間プラス、山梨エリアの座間です!

今年も残すところ5時間30分。
ありきたりな話ですが、1年ってあっという間。
中身がない1年だから早く感じてしまうのでしょうか?
来年はもっと×2濃密な1年にしなきゃですね。

センター試験まで残り19日。3週間切りました。
前回に続き、センター試験に向けての心構えをありふれた言葉ですが
ありのままの気持ちでお伝えしたいと思います。

1.焦るな
調子が上がらないな…と焦りを感じている人もいるんじゃないでしょうか?
焦りは、良い意味で危機感を与え、自分自身を鼓舞する素にもなりますが、
いたずらに焦って何も手がつかない、あるいは、暴走するという状況は避けたいです。
残された時間に変わりはなし。できることにも変わりはなし。
今まで取り組んできた学習を貫き通す強い気持ちを残り期間心がけてください。

2.油断するな
1.の逆パターン。最近調子いいなぁ♪なんて人も常に自分の心に警戒心を。
センター試験って、調子づいていると選びたくなっちゃう選択肢をわざと配置しています。
「残りの2択でミスったー!」という問題は大抵そういったトラップ選択肢。
今日からセンターまでに出会う選択肢、1つ1つを慎重に選ぶ心構えを持ちましょう。

3.メンタルケア・フィジカルケア
残り2週間ちょっとで一番力を入れなきゃいけない部分は、実は勉強の部分ではありません。
勉強以外の生活面に最大限の注意を払ってください。
「本番で実力を発揮させるにはどうすればよいのか?」
いわゆる本番に強いと言われる人たちは、このことにとても敏感です。
具体的な方法論としては本も出ているし、
「本番 強い」なんて検索すればグーグル先生も教えてくれます。
私は…その中でも「脱力系」の考えが好きです。
本番って「頑張ろう」という思いが強ければ強いほど、いい結果を生むとは限らない。
逆に委縮しちゃっていつもと違う感覚になっちゃう。
スポーツにしろ、勉強にしろ、本番のために練習を積んできているのに
その本番で、普段と違うコンディションになってしまっては元も子もない。
本番だから、と気負いすぎない。集中力はいつもの5割増しで。
そんな感覚で挑んでください。

疲れたw
今年残り4時間30分。今から教室の生徒たちと年越し蕎麦です♪(T君感謝)

2013年が皆様にとって笑顔いっぱいの1年となりますように…

山梨・静岡・埼玉・神奈川・滋賀の家庭教師

SNSでもご購読できます。

まずは1回の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

*