予習と復習。どっちが大切?

家庭教師・1対1指導の学習空間プラス、山梨エリアの座間です!

新学年スタートから1カ月がたちました。
予習と復習、皆さんはどちらのほうが大切だと思いますか?

これって意見が結構分かれる気がします。
一般的には「復習」のほうが大切だと言われていますよね。
ただ、これは当たり前のことだと思います。
復習しないで授業で聞いた1回っきりで理解するというのはかなり至難の業。
問題集をやりこむ、ノート・プリントを見直すなど、ある程度の演習・確認を積んで
初めてその単元を「修得する」状態になるからです。
すなわち、「復習」は絶対条件であって、「やらない」という選択肢がないんです。

私自身は「予習」こそ大事にすべきだと思います。
勉強が出来なくなるときって、大抵「授業が分からない」というのがきっかけ。
予習をしていれば、授業がわかるようになります。
授業での理解度が増せば、復習時の時間短縮が図れます。
復習がはかどれば、テストで点数がとれます。
点数がとれれば、その教科をどんどん好きになっていきます。
すなわち、「予習」は「勉強の潤滑油」になりうるのです。

そうはいっても、なかなかそこまで手が回らない…という生徒も多いと思います。
しかし、休日をうまく使う、朝30分学校に早く行く、休み時間を使うなど、
時間を作る工夫はたくさんあります。
時間は有限!可能性は無限!
予習ライフ、ぜひ頑張ってください。

山梨県・静岡県・埼玉県・神奈川県の家庭教師と1対1指導

SNSでもご購読できます。

まずは1回の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

*